home about novels gallery toybox photo

   何が飛び出すかわらないおもちゃ箱。
   スペシャル画像からボツネタまで色々展示してあります。

 
   
             

 

★電子小説を書こう!★ 

 連載 第四回『それ、ポチっとな!・データ化アップロード編』 2014.6.21

 

 

 さあ、完成した電子書籍をお店にならべましょう。
 今回は最終ファイルとAmazon KDPへのアップロードについて書いて行きます。

 

 

■Amazon KDP では様々な形式のファイルが最終稿としてサポートされています。
 (以下、ヘルプトピックより項目のみ引用)

  ・Word(DOCまたはDOCX)
  ・HTML(ZIP、HTM、またはHTML)
  ・MOBI(MOBI)
  ・ePub(EPUB)
  ・Rich Text Format(RTF)
  ・Plain Text(TXT)
  ・XMDF Compressed Zip(XMDF)

 

 ただし、ここでword使いの方は注意が必要です。

 

『 *現在は、Wordにつきましては縦書きやルビなどの日本語固有のフォーマットはサポート

 しておりません。』

 

 とのことが明記されています。

 

 wordの縦書き小説でルビがきちんと表示されないとなると、これは大問題。
 そこで楽にハードルをクリアするため一太郎くんになるわけです。
 またまた断っておきますが、自分はジャストシステムさんの回し者じゃありませんよ。(笑)
 wordでキチンと完成させているKDP作家の方もいるはずですから。

 

 

 

■最終形式はEPUBファイル
 というわけで、先の状況から最終形式はEPUBに決定しました。
 出力する手順も簡単。ファイルから他形式の保存→EPUB保存を選ぶだけ。

 特別な注意点はありませんが、表紙は個別にAmazonさんへアップロードするので

ここでは組み込みません。「なし」にチェックを入れます。
 そして、レイアウトも固定ではなく「リフロー」形式を選択。

 

※参考画像、EPUB保存とプロパティ

 

 はい、ついに最終データが完成しました。
 圧巻のグリモアールを例にとってみますと、以下の2ファイル。

 

  ・gvt03.epub  ←圧巻のグリモアール三巻のコンテンツファイル。
  ・cover.jpg   ←表紙のイラスト。ファイル名は「cover」にするのがお約束のようです。

 

 

 

■Kindle Direct Publishingのサイトでアップロード
 推敲も済んだ。表紙も完成した。思い残すところは何も無い。

 ……となったら、いよいよアップロード開始です。


 Amazonさんのkdpアカウントでログインし、専用のページで登録作業を行います。

 

 本の詳細。(タイトル、フリガナ、ローマ字表記、サブタイトル、出版社、著者、等々)に

ついて各項目をうめてゆきます。

 細かいヘルプも用意されているので、ここも特に難しいことはありません。
 落ち着いて書いて行きましょう。


 出版する権利の確認、お客様が本をみつけやすくするためのカテゴリー分けなどを

選択します。

 

 そして、最終データの入稿です。

 

※参考画像、KDP アップロード画面

 

 まずは、表紙のアップロード。

 画像の参照からファイルを指定します。

 

 つぎに本のアップロード。

 こちらも参照からファイルを指定します。

 本のコンテンツファイル(EPUBファイル)の変換には時間がかかるので、ファイルを

選択したら次のページへ進みます。

 

 

 

■価格の設定には、自分なりのポリシーが大事
 最後に電子小説の価格について。
 いよいよAmazonに並んだ自分の小説に値段をつけるわけですが、これが結構悩みました。

 

 中には99円とか無料とかで販売している方もいます。
 まずは読者に小説を読んでもらい、自分という作家を知ってもらう事を最優先に考えての

戦略をとっている方たちです。このポリシーも十分に理解できます。

 

 しかし、せっかく販売するのに最初から価格を低く設定してしまうと後で上げづらくなるし、
どうせ安くなるなら今は買うのをやめよう。と思うお客様もいるかもしれません。

 

 実際、自分も今年のお正月に期間限定で圧巻のグリモアールの一巻を100円にしてみましたが、
普段の販売数とあまり変わらない結果でした。

 おそらく興味を持ってくださる方は100円だろうが300円だろうが買ってくれるし、興味が

無い方はタダでも読まないんだろうなと納得しました。

 

 そして、300円という金額に決定。

 KDPでは希望小売価格が2.99ドル~9.99ドルであれば70%のロイヤリティーを選択できます。
 (それ以外ではロイヤリティーは35%)


 300円だと一冊売れたら自分と加藤さんとAmazonさんで百円ずつの山分けです。
 (厳密には、ファイルサイズが10MB未満のものは1/1MBの配信コストがかかります)

 

 米ドルの設定から他の国の販売価格も自動的に計算されます。

 よし、これですべて完了。

「さあ一万部、十万部、いや百万部売れてくれ!」

 そう願いながら、ポチッと発売ボタンを押します。

 願うのは勝手ですから。願いましょう。

 

 あとはAmazonさんからの審査が通りましたとお知らせが来るのを待つだけです。

 順調にいけば、翌朝には本がKindleショップに並んでいるでしょう。

 

 


 ……以上で創作に重点を置いた電子小説を書こうのコラムは終了です。

 

 実際は他にもアメリカでの源泉徴収税の免除手続きだとか、入金用の銀行口座の登録など
面倒くさいことが残っているのですが、ひとつひとつクリアしていけば誰でも自己出版は

可能です。

 一度手続きを済ませてしまえば好きなときに本を出せるようになるので、くじけず挑戦して
みてください。

 

 それでは、最後までおつきあいしてくださった方、本当にありがとうございました。

 自分もまたダラダラと小説のつづきを書きに戻ります。

 


 

                                matsuzo.m

 

 
  EPUB保存とプロパティ    
     
 

EPUB保存とプロパティ

   
               
  KDP アップロード画面    
     
 

KDPアップロード画面

   
                                                   
 
    シャドハ十周年記念 バレンタインデー 2012 ブランかの結婚 ホワイトデー 2012 クリスマス 2012 節分 2013 ぽよぽよ風雲録 その壱 SHADOW HEARTS 七夕2013 ppfワイヤーフレーム gvt01のページへ SH残暑お見舞い2013 松散歩01へ まつ散歩02へ SHハロウィン2013 まつ散歩3へ まつ散歩4へ まつ散歩 旧古河庭園へ まつ散歩6へ 謹賀新年 2014 こんな起承転結あり? へ White Valentine 2014へ KDPコラム連載第一回 KDPコラム連載二回へ  
    KDPコラム連載三回へ まつ散歩、上野動物園へ。 KDPコラム連載四回 まつ散歩 パワースポット編 その一 まつ散歩 七曲りの井戸 まつ散歩 谷中散歩 第十一回 まつ散歩へ SHII HappyHolidays2014 会津の春 前編 春の会津 後編 ケイオスリングスIII その一へ 幻影城 江戸川乱歩邸へ 木曽路の旅 前編 木曽路の旅 中編 木曽路の旅 後編 フロム十周年 2015年をふり返って