home about novels gallery toybox photo

   何が飛び出すかわらないおもちゃ箱。
   スペシャル画像からボツネタまで色々展示してあります。

 
   
             

 

 ★第十回まつ散歩 『谷中探訪』 2014/10/13

 

  週末の度に巨大台風が来てますが、まつ散歩です。

 

  今回は昭和の風景が色濃く残る谷中へ行って来ました。


  今も多くのお寺が並ぶ下町は、なんとなく夕暮れがよく似合うイメージです。

  もちろん勝手に自分で抱いているイメージです。

 

 

  そして、谷中と言えば鬼平犯科帳。
  うさちゅうこと木村忠吾が茶屋のお松に熱を上げ、仕事そっちのけで遊びつづけていたら

  大物盗人を見つけちゃう「谷中いろは茶屋」が頭の中に浮かんで来ます。

 

  そんな谷中めぐりですが、まずは西日暮里駅の改札を出て左、線路沿いの急な坂道を上がった

 先に見えてくる諏訪神社からスタートです。


  元久二年の造営、三代将軍家光に社領五石を与えられ谷中の総鎮守として親しまれてきました。

  ここには長野県の上諏訪社と同じ、建御名方命が祀られています。

 

 

  つぎは経王寺。


  日蓮宗大黒山経王寺は、山梨県の身延山久遠寺末寺で明暦元年(1655)当地に創建されました。
  本堂のとなりの大黒堂には日蓮上人の作と伝わる大黒天が祀られてます。


  慶応四年(1868)の上野戦争で敗走した彰義隊士の一部をかくまったため、新政府軍に包囲され

 攻撃をうけました。山門には今も銃弾の痕が残っています。
  秋ということもあって、境内の植え込みは、すすきや萩の花が満開でした。

 

 

  経王寺に面した道路を歩いて行くと、名物の夕焼けだんだんと呼ばれる階段が見えてきます。
  多くのドラマに登場してきた有名なロケーションです。


  そこを下ると谷中銀座。

  昭和20年頃から徐々にお店が集まりだし商店街になっていったそうです。
  道幅もせまく距離も170メートル程度でこじんまりしていますが、お店の種類も豊富でとても

 充実しています。

  ふと屋根を見上げると所々に猫の彫像が飾られていたりして、歩くだけでも楽しい通りです。

 

 

  そして、今回の終点は、谷中のシンボルであるヒマラヤ杉の大木。


  寺町の一角、三つ又になっている道の真ん中にそびえています。
  冗談みたいな話ですが、この大杉、植木鉢に植えられていたものが勝手に大きくなったそう

 です。どお、まんが日本昔ばなしみたいで素敵しょ?

 

  散歩は、さらに谷中霊園へとつづくのですが、それはまた次回。
  ごきげんよう、さようなら。

 

 

                                matsuzo.m

 

 
  諏訪神社 経王寺 門に残る弾痕  
   
               
  夕焼けだんだん 見上げれば猫が ヒマラヤ杉  
   
               
               
                                                   
 
    シャドハ十周年記念 バレンタインデー 2012 ブランかの結婚 ホワイトデー 2012 クリスマス 2012 節分 2013 ぽよぽよ風雲録 その壱 SHADOW HEARTS 七夕2013 ppfワイヤーフレーム gvt01のページへ SH残暑お見舞い2013 松散歩01へ まつ散歩02へ SHハロウィン2013 まつ散歩3へ まつ散歩4へ まつ散歩 旧古河庭園へ まつ散歩6へ 謹賀新年 2014 こんな起承転結あり? へ White Valentine 2014へ KDPコラム連載第一回 KDPコラム連載二回へ  
    KDPコラム連載三回へ まつ散歩、上野動物園へ。 KDPコラム連載四回 まつ散歩 パワースポット編 その一 まつ散歩 七曲りの井戸 まつ散歩 谷中散歩 第十一回 まつ散歩へ SHII HappyHolidays2014 会津の春 前編 春の会津 後編 ケイオスリングスIII その一へ 幻影城 江戸川乱歩邸へ 木曽路の旅 前編 木曽路の旅 中編 木曽路の旅 後編 フロム十周年 2015年をふり返って