home about novels gallery toybox photo

   何が飛び出すかわらないおもちゃ箱。
   スペシャル画像からボツネタまで色々展示してあります。

 
   
             

 

 ★第十二回まつ散歩 『春の会津』(前編) 2015/3/30

 

  三月最後の週末、東京もあちこちで桜が花を咲かせはじめました。


  今回のまつ散歩は、今からさかのぼること十数日……。
  春の訪れが間近に迫った会津の旅をお送りしたいと思います。

 

 

  この日の東京の気温は20度。もう長袖のTシャツ一枚でも暑いと感じる陽気です。
  案の定、昨日まで袖を通していたピーコートは池袋駅のホームに上がった瞬間から脱いで左手に

 抱える始末でした。
  でも、暑かったのは陽気の所為だけじゃありません。ずっと行きたいと思いながらなかなか行け

 なかった会津旅行が実現し、気分が高揚していたからです。

 

 

  東北新幹線で郡山まで行き、磐越西線にのりかえて会津若松を目指します。
  幸いなことに東京と同じく福島も晴天で、到着後は、まずは腹ごしらえにと有名なハンバーガー

 屋さんへ向かいました。

 「会津頑固バーガーうまっ!」

  昼食を終え、いよいと今回の旅の目玉である「あの場所」へと移動します。

 

 

  七日町駅からタクシーに乗り、途中、娘子隊の中野竹子が戦った涙橋を渡ってたどり着いた先は、

 田んぼの真ん中にある雑木林。

 

 

  そこは、如来堂。


  新選組殉難の地。

 

  こんもりとした小さな丘は、神指城(こうざしじょう)の二の丸だったそうです。
  今からおよそ百五十年前、自分が立っているこの場所で、山口次郎(斎藤一)ほか新選組の隊士

 十数名と官軍が壮絶な戦いを繰り広げました。
  想像するだけで、ぞくぞくして不思議な感じが胸に広がります。

 

 

  ――慶応四年九月五日。
  晩秋の闇夜、周り中敵だらけの戦場を斎藤さんらは文字通り決死の覚悟で切り抜けて行った

 わけです。
  負け色が濃く死に場所を探していた彼らですが、それでも如来堂の戦いの後、九月二十二日に

 会津藩が降伏するまでしぶとく遊撃をつづけます。
  そんな歴史の一幕を、後ろに立つ大銀杏は目撃していたのかもしれません。

 

  ゆるやかな風に吹かれながら、しばらく彼らの生きた瞬間に思いを馳せることができました。
  何年もかかったけど、本当に来ることができて良かった。


  さあ、長居をしてしまったので、今宵の宿へ向かうとしますか。

 

 

  つづく

 

 

                                matsuzo.m

 

 
  如来堂 ちいさな祠(ほこら) 遠くまで見渡せます  
   
  鳥居をくぐって奥へ 石仏たちが並んでいます こちらも雪原がひろがっています  
   
  大銀杏 そして旅館、向瀧さんへ 野口英世の書  
   
               
                                                   
 
    シャドハ十周年記念 バレンタインデー 2012 ブランかの結婚 ホワイトデー 2012 クリスマス 2012 節分 2013 ぽよぽよ風雲録 その壱 SHADOW HEARTS 七夕2013 ppfワイヤーフレーム gvt01のページへ SH残暑お見舞い2013 松散歩01へ まつ散歩02へ SHハロウィン2013 まつ散歩3へ まつ散歩4へ まつ散歩 旧古河庭園へ まつ散歩6へ 謹賀新年 2014 こんな起承転結あり? へ White Valentine 2014へ KDPコラム連載第一回 KDPコラム連載二回へ  
    KDPコラム連載三回へ まつ散歩、上野動物園へ。 KDPコラム連載四回 まつ散歩 パワースポット編 その一 まつ散歩 七曲りの井戸 まつ散歩 谷中散歩 第十一回 まつ散歩へ SHII HappyHolidays2014 会津の春 前編 春の会津 後編 ケイオスリングスIII その一へ 幻影城 江戸川乱歩邸へ 木曽路の旅 前編 木曽路の旅 中編 木曽路の旅 後編 フロム十周年 2015年をふり返って