home about novels gallery toybox photo

   何が飛び出すかわらないおもちゃ箱。
   スペシャル画像からボツネタまで色々展示してあります。

 
   
             

 

 ★第十四回まつ散歩 『旧乱歩邸・妖しの幻影城』 2015/8/3

 

  梅雨が明け、最高気温35℃を越える猛暑日がつづく日本列島ですが、

 みなさんいかがお過ごしでしょうか。


  うだるような暑さに負けて体調をくずしたりしていませんか?
  大人のくせに溶連菌に感染した自分は、ようやく体調を回復したところです。

 


  さて、今回のまつ散歩ですが、東京は池袋の西口。立教大学の敷地内に残された、

 ある文豪の玉堂を訪ねてみました。

 

 


  「幻影城」とも呼ばれている邸宅は、かの、推理小説・ミステリー小説の生みの親、

 江戸川乱歩先生が晩年を過ごされたお屋敷です。

 

 

  なんでも乱歩先生は、東京だけでも何度と住替えをくりかえしていた大の引っ越し

 マニアだったらしく、その26番目が、この豊島区池袋三丁目の家賃90円の土蔵つきの

 借家だったそうです。

  ここに落ち着いてからは、その後三十年以上、死ぬまで住み続けたと言うのだから、

 さぞかし気に入ったのでしょうね。

 


  てくてくと見学に行ったのは六月。
  まだ梅雨入り前だと言うのにものすごい暑さで、油断していたら脱水症状を起こす

 ほどでした。

 

 

  現地へ着いてみれば、自分以外にもちらほらとお客さんの姿が。
  しかも、そのほとんどが若い女性です。
  死してなおモテモテとは、キミのお父上もなかなかやるじゃないか明智クン。

 

  てぬぐいで汗をふきながら玄関へまわると、当番の女学生さんが扉を開けてくれました。
  玄関を入ってすぐに配置されているガラスケースの中には生原稿や愛用品などが陳列され

 ています。
  ファンにとってはどれも垂涎の逸品ばかりでした。

 

  嬉しさのあまり挙動不審な状態になっている自分へ怪訝な視線を送ってくる女学生さんを

 尻目に、その後、裏手へまわり屋敷にそって奥を目指します。

 

 

  砂利のしかれた庭でふり返ると、テラス側が開け放たれた応接間が目に飛びこんできます。
  暖炉の前に置かれたローテーブルを囲むようにソファがならべられ、部屋の隅には乱歩愛用の

 執筆机が置かれていました。


  うーん、この風景自体がまるでミステリーの一場面。

 

 

  そしてクライマックスは、屋敷の一番奥に建つ黒壁の土蔵、「幻影城」。

 


  まあ、中へは入れず入口からのぞくことしかできないのですが、壁一面をビッシリと

 埋め尽くした大量の書物が、非日常的な妖しい空間をつくりあげていることは間違いありません。

 

  おお、これぞ男のロマン!
  こんな秘密基地があったら、ずっと引きこもって好きなことに没頭してるよなあ。
  ……などと、ひとりさらなる妄想を膨らませていました。

 


  そう言えば、江戸川乱歩没後五十一年目を迎える来年は、いよいよ著作権の保護期間が切れる

 ので、先生の作品を使った様々な創作物が世の中に登場してくるのではと予想されます。

  もっともTPPの合意で著作権保護期間がプラス二十年され七十年にならなければの話ですが。

 

 

  以上、ミステリーファンの方も作家を目指す方も、都内にあるミステリーなパワースポットと

 して、一度見学に行ってみるのはいかがでしょうか。素敵な刺激を受けると思いますよ。

 

 

  それでは、最後に乱歩先生がファンへ贈った言葉を引用させてもらって締めとしましょう。

 

    「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」

  今夜見る夢の世界こそ、みなさんの生きる現実なのかもしれませんね。

 

 

                                matsuzo.m

 

 

 
  乱歩邸 外観 乱歩邸 小道具 少年探偵団の証 探偵手帳とバッヂ  
   
  なんと『二銭銅貨』の生原稿! こちらは『黄金仮面』の生原稿! 乱歩先生愛用のメガネたち  
   
  そして、文豪の書斎。どこか妖しい雰囲気。 妖しい幻影城。 二階へ上がる階段のまわりは書物だらけ。  
   
               
                                                   
 
    シャドハ十周年記念 バレンタインデー 2012 ブランかの結婚 ホワイトデー 2012 クリスマス 2012 節分 2013 ぽよぽよ風雲録 その壱 SHADOW HEARTS 七夕2013 ppfワイヤーフレーム gvt01のページへ SH残暑お見舞い2013 松散歩01へ まつ散歩02へ SHハロウィン2013 まつ散歩3へ まつ散歩4へ まつ散歩 旧古河庭園へ まつ散歩6へ 謹賀新年 2014 こんな起承転結あり? へ White Valentine 2014へ KDPコラム連載第一回 KDPコラム連載二回へ  
    KDPコラム連載三回へ まつ散歩、上野動物園へ。 KDPコラム連載四回 まつ散歩 パワースポット編 その一 まつ散歩 七曲りの井戸 まつ散歩 谷中散歩 第十一回 まつ散歩へ SHII HappyHolidays2014 会津の春 前編 春の会津 後編 ケイオスリングスIII その一へ 幻影城 江戸川乱歩邸へ 木曽路の旅 前編 木曽路の旅 中編 木曽路の旅 後編 フロム十周年 2015年をふり返って